↓スマホで簡単借り入れ↓



収入のない専業主婦の借り入れはこちら↓

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック公式サイトへ

生活費が足りない場合にできること

生活費足りない場合,主婦,お金,借りる

 

生活費が足りないことってありますよね。

 

めちゃくちゃ旦那さんの給料がよくても、急にボーナスがさがったりします。
お給料が下がるくらいならいいですけど、突然リストラされたり、会社が倒産したりという最悪なケースもあります。

 

そんな時にあなたならどうしますか?
専業主婦や労働時間の短いパートやアルバイトの人なら「明日から家計をどうしよう!」と慌ててしまうかもしれませんね。

 

まずは落ち着いて、家計を見直し、無事にやりくりできる方法を考えましょう。

 

このホームページでは、パートの主婦はもちろん専業主婦の方でも、生活費が足りないというピンチを乗り越えられる方法を提案しています。

 

きっとあなたの役にたつと思うので、参考にしてみてくださいね^^

 

ちなみに、給料日まであと少しお金をつなぎたい場合は、無利息で借りられる(30日間)アコムが便利です。
スマホから借り入れ申し込みできて、契約もネットでできますよ(*^0^*)

 

生活費足りない場合,主婦,お金,借りる

 

生活費足りない場合,主婦,お金,借りるアコムの申し込みはコチラから
※アコムは専業主婦不可(パートやアルバイト収入のある方なら主婦可能)

 

やるべきことは、3つしかない

実は生活費が足りない現状をぬけ出すためには、大きくわけてこの3つの方法しかありません。

  1. 支出を減らす
  2. 収入を増やす
  3. 足りない分だけお金を借りる

それぞれの家庭でとれる方法は違うので、この中でどれがベストかはあなたの状況によって違います。
以下で詳しく解説していきますね。

 

1 支出を減らす

多くの人が考えるのが支出を減らすことでしょう。
しかし、節約してやりくりしているご家庭では、家計をみなおしても無駄な出費がない場合があります。

 

また、節約するところを間違えると、生活がギスギスして、居心地の悪い家庭になってしまいます。
専業主婦の方としては、自分や旦那さんのお小遣いを減らすことが第一に思うことですが、がんばっている旦那さんのお小遣いを必要以上に切り詰めてしまうと、旦那さんの仕事のモチベーションが下がる可能性もあります。

 

固定費を見直すことをまず最初に考えてみましょう。
大きな固定費とは、住居費・保険・スマホ代です。

 

スマホは今1000円,スマホ,格安格安の1000円スマホが出ています。
月額1000円なら家計の負担にもなりません。

 

昔のようにオモチャのような使えないものではなく、大人でも十分に使えるスペックなので検討の余地はありますよ。
子どもさんの安全対策にスマホを持たせる親が増えていますが、1000円スマホ「TONE」はおすすめです。

 

また、不要品を売ってお金に変える方法もあります。

↓ブランキッズ 子どもの古着
子供服,売る
サイズアウトした子供服を最短3日で現金化してくれます。

 

ブランドバック高級ブランド品をお持ちの方は、最短2日で振り込みのブランディアもおすすめです。
≫ ブランディアブランディア,洋服を売る

支出を減らすメリット

●働けない主婦でもできる

支出を減らすデメリット

●余裕がないと節約できない
●幸福度が下がる?

 

2 収入を増やす

収入を増やすためには、就職というハードルがありますし、次の給料日までお金はもらえません。
就職した勤務先の給与の締め・支払日の関係によっては、まともな額のお金がもらえるのは2ヶ月後なんてこともあるでしょう。

 

しかし、今の家計の状態を脱出するには、どこからかお金の入ってくる道をつくらないといけません。
就職して働くことができる、もしくは、バイトなどさらに働く時間を増やすことができる場合は、生活費の足しに直結する方法です。

専業主婦でも在宅で大きな収入を得られるバイトが、チャットレディです。
家でできますし、パソコンがなくてもスマホだけでできるお仕事です。
さらに、時給4,500円〜6,000円と高時給です。

 

また、マイナンバー制度にも対応していて、旦那さんにバレない仕事というのが人気の秘密です。
3万人以上が登録し、毎日800人以上がお仕事をしています。
≫ 主婦でもできるスマホ在宅ワークスマホ,バイト,主婦,在宅

支出を減らすメリット

●使える生活費を増やすことができる

支出を減らすデメリット

●働く時間のない人は難しい
●子育て中の専業主婦は難しい

 

3 足りない分だけお金を借りる

お金を借りた経験のない人や主婦の人にとって、お金を借りる=借金というイメージがあって、抵抗があるかもしれませんね。

 

親に借りるのがいちばんいいかもしれませんが、理由を説明して納得してもらわないと、家族とはいえ人間関係が悪くなりますね。
自分の両親なら旦那さんのイメージが悪くなりますし、義理の両親には言い難いでしょう。

 

まちがっても友人に借りるのはやめましょう。
どんな噂をたてられるかわかりません!

 

では金融会社からお金を借りるのはどうでしょうか?

 

お金を借りるなんて難しそう・・・とハードルが高く感じるかもしれません。
しかし、実はこれが一番簡単な方法です。

 

あくまでも「足りない分だけ借りる」ようにしてくださいね^^

 

実は日本では1000万人以上が金融業者から、借り入れをしています。
(住宅ローンなどを除く)
多いですよね?

 

しかも年収が900万円とか1000万円ある高収入世帯でも3割の人が定期的にカードローンを使っているんです。

 

銀行のカードローンは金利が下がり、消費者金融も含めスマホから借り入れの申し込みから契約までできるようになって、借りやすくなったことが急増の背景にあります。

 

また、200万円とか大型の借り入れを希望しないのであれば、収入証明書も不要です。

 

上記で紹介した「1 支出を減らす」「2 収入を増やす」はどれも時間がかかります。
カードローンなどでお金を借りれば、すぐにお金のピンチは乗り越えられますよ。

 

生活費足りない場合,主婦,お金,借りる

 

カードローンとキャッシングどうちがう?

カードローンとキャッシングはほとんど同じ意味で使われることが多くなりましたが、一度に大きな額を借りて(たとえば30万円)後は返済するだけなのがキャッシングです。
利息は借りた30万円にたいしてかかってきます。

 

カードローンは、「30万円まで借りれますよ」という契約はしますが、実際使う金額が自由で、使った分しか利息がかかりません。
また、返済した後もカードを持っておけば、また必要な時にいつでもお金が引き出しできるのがカードローンのメリットです。
生活費が足りない場合のローンとしては、カードローンが一番おすすめです。

返済が心配です

「次の給料日までだけでいいんだけど・・・」など、短期のお金のピンチの場合は、無利息期間のあるカードローンがおすすめです。
無利息期間があっておすすめなのは、 アコムです。

 

ただし、アコムなどの消費者金融系は専業主婦は不可なので、専業主婦の方は選択肢が銀行カードローンのみになります。

 

月の返済額は各社のサービスと返済期間によって違いますが、アコムの場合10万円借りて、3,000円〜の返済です。
利息は日割り計算されるので、30日以下、たとえば1週間なら利息345円です。

旦那や家族にバレませんか?

専業主婦の方が借り入れする場合、旦那さんの収入から返済することになりますが、旦那さんの同意書や確認は必要ありません。
旦那さんが確かに勤務しているか職場への在籍確認はありますが、個人名で電話に出た人に確認をとるだけなので、奥様の借り入れのための確認だとバレる心配はありません。

 

また、旦那さんの収入証明書を取り寄せる必要もないので、その点は安心してください。

 

自宅にカードが届く場合も、銀行名なら怪しまれませんし、消費者金融なら●●センターなどとDMのような感じで届きますので、怪しまれることもないでしょう。
もし取り引きしていない銀行から封筒が届くと旦那さんに聞かれそう・・・と思う場合は、アコムのほうがいいですね。(アコムは専業主婦は不可)

生活費足りない場合,主婦,お金,借りる主婦におすすめ(専業主婦不可)
30日間の無利息期間があります!
アコム公式サイトへ

(旦那さんにバレません)

 

 

生活費足りない場合,主婦,お金,借りる専業主婦におすすめ1
10万円以下の借り入れなら月の返済は2,000円〜
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック公式サイトへ

(旦那さんにバレません)

 

 

生活費足りない場合,主婦,お金,借りる専業主婦におすすめ2
200万円まで収入証明書不要です
みずほ銀行カードローン公式サイトへ

(旦那さんにバレません)

※みずほ銀行→口座がなければ同時に開設します
※三菱東京UFJ銀行→口座がなくても、開設不要で利用できます

主婦がお金を借りるメリット

●スマホから簡単に申し込み・契約ができる
●免許証のみで収入証明書不要(原則)
●主婦はもちろん専業主婦でも借りられるところがある
●旦那さんに内緒で借りられる
●急ぎのまとまった額に対応
●返済額月3000円からでも可能

主婦がお金を借りるデメリット

●計画的に返済する必要がある
●専業主婦は銀行カードローンからしか借りられない
●専業主婦は30万円・50万円までと制限がある

 

友人に借りる時も返済期限を決めましょう

生活費足りない場合,主婦,お金,借りる

旅先や外出先で人にお金を払ってもらう事があります。のちのち返金する場合もありますが「今回は私が払うから、次はあなたが払って下さい」とする場合も多いと思います。

 

私もそのような経験が何度もあります。友人と外食したりカラオケに行ったりした時に、お金を払ったり払われたりします。家電製品を買う際に家族にお金を借りる事も、祝いの品の購入時にとりあえずまとめて払ってもらい後で返金する事もあります。

 

しかし、生活費を借りるのは大変です。急を要する場合は特にです。100円や200円300円なら簡単に出してくれる人もいるかもしれませんが、2万も3万も出してくれる人はまずいないでしょう。それでも、払えないと困った事になるのです。

 

考えられる対策として、可能な限り節約する、消費者金融などから借りる、知人に懸命に頭を下げて頼むなどがあります。まずは節約が欠かせません。光熱費や食費を節約する事で生活費に回せる場合もすくなくありません。次に、家族や知人から借りるのも良いと思います。

 

ただ、たとえ家族や親しい人であっても返済は不可欠です。それも、できるだけはっきりさせる事が重要でしょう。いつになるか分からないけど必ず返します、は通用しないからです。逆の立場でこれをされたら不愉快な思いをするはずです。

 

生活費の不足分を人から借りるのも一手段と思います。お金を貸して下さいと口にするのはかなり覚悟を必要とします。しかし、なければ困ってしまいます。一度に全額を返す必要はないので、返済期限をはっきりさせ貸してもらいましょう。

 

↓スマホで簡単借り入れ↓



収入のない専業主婦の借り入れはこちら↓

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック公式サイトへ